世界の選挙情報〜World Election Now!

世界各国の選挙情報を日本語でお届け!

アジア

2019年9月28日実施 アフガニスタン大統領選挙

David MarkによるPixabayからの画像


基本情報

国名:アフガニスタン・イスラム共和国

国旗

出典:Wikipedia

場所

人口:32,225,560人(2017年推計)

選挙情報

今年4月20日に実施が予定されていたアフガニスタン大統領選挙ですが、選挙人名簿の作成と投票にあたっての生体認証システムを使用する職員の育成を理由に7月に延期されることとなりましたが、作業の遅れを理由に9月28日まで再延期されました。

大統領の任期は選挙制度は2回投票制を用いており、いずれの候補者も得票数で過半数を超えなかった場合、上位2名で決選投票が行われます。

選挙期間中は現職のアシュラフ・ガニー大統領の選挙運動を狙って自爆テロが起こり、26人が死亡する惨事となり、その直後にアメリカ大使館と防衛省が同様に自爆テロの標的となり22人が死亡するなど波乱の選挙運動となりました。

 

被選挙権が与えられるのは、アフガニスタン人の両親の間に生まれたイスラム教徒の40歳以上のアフガニスタン市民。任期5年。2期まで。

 

立候補者は以下の通り

候補者名 所属政党 民族 備考
アシュラフ・ガニー 無所属 パシュトゥーン人 現職大統領
アブドラ・アブドラ アフガニスタン国民連合 タジク人 現職行政長官
グルブッディーン・ヘクマティヤール ヒズベ・イスラミ・ヘクマティアル派 パシュトゥーン人 元首相
ラフマトゥラ・ナビル パシュトゥーン人 元国家保安局長官
ノオルラ・ジャリリ サーダト ビジネスマン
ファラマルズ・タマンナ タジク人 元戦略研究センター局長(外務省)
アフマド・ワリ・マスード タジク人 故マスード将軍の弟
ノール・ラーマン・リワル パシュトゥーン人 ビジネスマン・IT専門家
モハマド・ショーハブ・ハキミ パシュトゥーン人 元NGO代表
モハマド・ハキム・トゥルスン ウズベク人
アブドゥル・ラティフ・ペドラム アフガニスタン労働者ファダイアン機構、アフガニスタン国民会議党 タジク人 国会議員
ヌルルハク・オリュミ パシュトゥーン人 元内務大臣
モハンマド・イブラヒム・アロコザイ パシュトゥーン人
エナヤトゥッラー・ハフィズ ハザーラ人

前回、2014年の選挙と同様にアシュラフ・ガニー氏とアブドラ・アブドラ氏の決選投票となることが見込まれています。最大勢力のパシュトゥーン人の票が現職のガニー氏に集まる見込みの一方で、軍事勢力のムジャーヒディーン元指揮官らはアブドラ氏を支持しており、予断を許さない状況にあります。

https://www.meij.or.jp/kawara/2019_102.html

Theme by Anders Norén